日常の延長上のプロポーズ体験談

PR| 住宅ローンアドバイザーの資格

結婚して1年になります。まだ少しは新婚気分ですが、ちょっと落ち着いた暮らしをしています。

結婚するまでは、結婚に対して夢を持っていましたが、いざ結婚式を挙げて入籍してみると、また日常に戻る感じがちょっと不思議な感覚です。

プロポーズも、夢を抱いていましたが、思ったより普通でした。

まわりの友人や知り合いには結構ロマンチックなプロポーズ体験談を持っている人も多いのですが、私の場合は、一人暮らしをしていた彼氏の家でご飯を食べているときに、さらっと「結婚しようか」と言われたのがプロポーズでした。そのときはすごく嬉しかったし、思わず泣いてしまったけど、思い返すと少し拍子抜けです。

でも、結婚生活も結局は日常生活の積み重ねなので、なんてことのないプロポーズも、アリなのかなと今となっては思います。

結婚式や二次会のときに、「どうやってプロポーズしたのー!」とか冷やかしの声がかかったけど、「いたって普通」という返ししかできなかったのはちょっと他人にとってはおもしろくなかったかななんて思いますけど。